「職業別」女性のオナニー体験談・口コミまとめ

7月 21, 2020

20代アパレルのオナニー体験談

私は友達とオナニーについて話したことはありません。話したいというよりも、恥ずかしくて避けている内容だと思います。ですが私は、そういったエッチな話しが好きです。

ですが、あまりペラペラと下ネタを話してると軽い女だと思われそうであまり話しません。

初めてオナニーをしたのは、覚えてる限りでは小学3年生の頃だったと思います。

最初は、机の角にお股をあてて角オナニーをしてオナニーに目覚めました。

それからはお風呂でお股にシャワーを当てたり、指でクリトリスを弄るオナニーをしていました。

最近は1週間前にオナニーしました。次は生理が終わったらする予定です。でも生理中でもしたくなったらします。

オナニーをやりたくなる瞬間は急にきます。エッチなシーンを見た時はもちろんですが、寝れない時など急にしたくなります。イキたくなる瞬間は、ムラムラしてもうダメと思った時です。

オナニーにハマった理由は、小学生の時に机の角にお股をあてて気持ちいいという快感を覚えてからです。

オナニーのリアルな独自のやり方は、指でクリトリスをゆっくりや激しく自分の好きなリズムで弄るのが好きです。最近ハマっているのはバイブです。

バイブの強さを5段階で変えられるのでイキそうになったら強くしてイキます。個人的に指よりバイブの方が快感が強いので購入してよかったです。

イく前の気持ちいい感覚が好きでなるべくその時間を長く続けたいのでイキそうになったら一旦ストップして、また続けます。

イッた時は頭が真っ白になってフワフワした感覚になります。耳もぼーっとして体の力も抜けて体がガクガクして暫く余韻に浸ってます。

これからもどんどん開発していきたいです!

30代看護師のオナニーの口コミ

オナニーが大好きで、1日何回もクリトリスやおマンコをいじってしまいます。最近オナニーしたのは昨夜です。お風呂の時と寝る前、二回しました。今夜またお風呂の時間に触りたいと思います。

オナニーはいつでもしたいです。アダルトビデオのサンプル動画を見たとき、イケメンを見たとき。男性のチンコの形が分かったとき、男性に優しく話しかけられたとき。

このように基本的にいつでも私のおまんこはウェルカム状態で、ムラムラしてしまいます。

特にオナニーできない状態では余計燃えてしまい、職場のトイレでアダルト動画を見ながらイッたこともあります。

オナニーにはまったのは、小学生の頃同級生のデカチンを見たことです。なぜか下半身が熱くなり、あそこがべちょべちょに濡れていたのです。

クリトリスがぷっくりしていて、触ってみたらその快感の虜になりました。

妄想をしてじっくりと絶頂に達していましたが、最近はバイブやディルドを舐め回してから、おまんこを刺激する方法が一番気持ちいいです。

クリトリスも刺激できる大人のおもちゃを選び、1人の夜などはイケメンを想像して、マンコをグチョグチョにして喜んでいる変態です。

新婚女性のオナニー体験談

結婚から1年以内の新婚ですが、自営業の夫とはすれ違いの日が多く、世間の新婚と比べればセックスレス気味かもしれません。

自宅に一人の時間が多く、暇を持て余した時や夜眠る前にオナニーをしたくなります。

昨日もそうでした。仕事が休みで自宅に一人でいると、体が疼くのです。

疼きに気付くと、もうイキたくなる気持ちを我慢できません。

きっと明日も同じように体が疼き、イキたい気持ちに支配されるのです。

私がオナニーをするようになったのは中学生の頃でした。ネットが普及し、携帯電話を持つようになった頃です。

ふとネットで見つけたエッチな画像を見てムラムラした私は、夜家族が寝静まった頃、自分で乳首を触り、クリトリスを触りました。

拙い手つきで体を触り続けると、初めてのオナニーでありながら絶頂に達したのです。

その時、こんな気持ちいいことがあるなんてと思ったのです。

それ以来、すっかりオナニーにハマってしまった私は毎日のようにオナニーに耽っています。

最近は、ネットで無料のアダルト動画を見つけ、動画を見ながらのオナニーが自分の中での主流となりました。

他にも、シチュエーションCDをイヤホンで聞くことで、アダルト動画と同様にムラムラしてきます。

体が疼いてきたところで、まずは乳首を転がすように触ります。

弱い力で転がしたり突いたり、乳首が硬くなるまで続けると、その時にはもうあそこはグショグショに濡れています。

濡れたことに気づいた頃合いで、クリトリスを乳首と同様に弱い力で触ります。

直接大胆に刺激するというよりも、クリトリスをかすめるように弱い力で触り続けるのが私の好みです。

そうしてクリトリスを触り同時に乳首も触ると、イキたいという気持ちに頭が支配され、ボーッとしてしまうのです。

ただただイキたいという一心で体を触り乱れることで、イク前でも絶頂と同じくらいの快感を感じます。

そしてイク瞬間には、もう何も考えられません。無心なのに腰は跳ね上がり足は震え口からはイクという言葉が溢れます。

体の快感だけでなく、そんな状況になっている自分を俯瞰で見る事も快感です。

絶頂の後は、ほんの少しの罪悪感に苛まれます。夫ではない男性の声や映像で乱れた自分が嫌になります。

それでも、快感を得るために私の指は体に伸びてしまうのです。そして、明日の私もまた快感を求め、オナニーに耽る未来が見えるのです。

40代看護師女性のオナニー体験談

私がはまっているオナニーは、妄想オナニーです。妄想オナニーとは勝手に自分でつけた名前ですが、普段の生活ではあり得ないようなシチュエーションを妄想しながらオナニーをすると、いつもより快感を感じられるような気がしています。

私がオナニーをしたくなるタイミングは、大体生理前か生理中です。

または、映画やドラマなどで濃厚なラブシーンを見たりするとムラムラしてくることもあります。

一番オナニーがしたくなるのは生理中ですが、生理中は衣類や寝具を汚してしまうのでどんなにオナニーをしたいと思っても我慢しています。

その反動なのか、生理前にオナニーしたいと思ったときはできるだけ時間をかけて回数も多くするようにしています。

以前は女性雑誌を見た後にオナニーしたくなることが多かったのですが、最近はちょっと気になる男性がいるからか妄想オナニーが一番多いです。

その男性とはまだ話したこともないのですが、それだけに何かと自分勝手に妄想してオナニーすることができます。

実際にその男性に気持ちを打ち明ける予定は今のところないため、妄想オナニーは妄想オナニーのまま終わる可能性が高いです。

道具はディルドを持っていますが、最近は使わずに手だけを使っています。あまりオナニーに慣れてしまうと、実際に男性とSEXするときに物足りなく感じてしまわないかちょっと心配ですが、一度オナニーの快感を知るとなかなか抜け出せないものです。

自分でするオナニーは自分が一番快感を得られる体制で感じる部分も分かっているため、はまって抜け出せない方は多いのではないでしょうか。

30代パート女性のオナニー体験談

私は31歳でパートをしています。オナニーをするようになったのは5、6歳のころ。うつ伏せになってクリトリスを刺激すると気持ちがいいということを知って、それからほとんど毎日せずにはいられなくなりました。

いくまでするためには最低15分くらい1人になれる空間が必要なので、母と暮らすようになった今は個室がなくなってしまったので2日に1回くらいになりました。

ただ、いつでもしたい気持ちはあるのです。私は中がいつも潤っていて、苦痛を我慢する男性の顔や恥ずかしさを堪えながら快感を感じる女性を想像するだけでその潤いが中からあふれて出てくるほどに感じてしまいます。

この時、クリトリスもたちあがって感じやすくなっています。

このとき、頭の中には早くオナニーしたいという気持ちだけがいっぱいになって他に何も考えられません。

やり方は、さくっと済ませないといけないときは主にクリトリスを刺激して快感を得ます。

うつ伏せになって毛布を丸めて股の間に擦り付け、セックスするように腰を振り、クリトリスを刺激します。

時間がたっぷりあるときは、中に指を入れて愛液が垂れるまでオナニーします。パンツを下ろして足を開き、手のひらに唾液をたっぷりたらして人差し指と中指を中に入れます。

オナニーしたくなる時には、だいたい中はすでに潤っているので、このときゆびは濡らさなくても大丈夫です。

ゆっくりと指を進めてくちくちと音をわざとたてて、聴覚でもエッチな気分を盛り上げます。

おかずは、陵辱系のビデオや前戯の描写がしっかりしてある体験談や小説です。

いく感覚よりも、その直前までが気持ちいいです。

もっと、もっとと快感が増幅していく感じ。いった直後は、充足感というよりももういいやっていう気持ちなので、いくまでの貪欲な気持ちの方が快感が大きいのです。

オナ電のやり方!相互オナニーできる女性を募集・見つける方法

【2020年】安全に遊べるおすすめのオナ電アプリ!