風俗の講習の流れについて!初めて風俗で働く女性向け

お金を稼ぐために風俗で働きたい!でも未経験だったりエッチな経験が少なくてテクニックに不安があるという女の子も多くいます。

そんな女の子ためにほぼ全ての風俗店では「事前講習(入店前研修)」を行っています。

風俗店で働く際のマナーやお客さんに満足してもらうためのテクニックを働く前に教えてもらえます。

今回は、風俗店の講習の流れを簡単にまとめました。

風俗店での講習の目的とは?

風俗店で講習を行っている目的は「お客さんに満足してもらう」「女の子が安心して働ける」という2点が挙げられます。

高いお金を払って風俗を利用するお客さんを満足させないとリピーターになってもらう事が出来ません。

また、何も知らない状態の女の子に接客をさせるとトラブルが起きたり、女の子が嫌な思いをして辞めてしまうといったリスクも存在します。

女の子が安心して働くためにお店でのマナーや仕事内容を丁寧に教えているお店がほとんどとなっています。

講習は大きく分けると3種類

お店のジャンルやコンセプトで講習の細かな内容は異なりますが、流れはほとんど一緒です。

最初にDVD等の映像で簡単に仕事の流れやお給料の説明を行います。

1人でDVDを鑑賞する場合がほとんどですが、講習に力を入れているお店では横に店長やボーイさんが付いて解説をしながらDVDを鑑賞する事になります。

近くに店員さんがいる場合は、不明点・疑問点がある度にストップをかけて質問する事も可能です。

DVDでの講習で最低限のマナーと仕事の流れを覚えられます。

お店・会社が用意した冊子でのマニュアル講習も未だに根強い人気があります。

DVD講習と違い必ず研修担当のスタッフが付いているので分からない事を放置したまま接客をするという心配がなくなります。

ジャンルやコンセプトといったお店の紹介から始まり、徐々に専門的な内容に変わっていきます。

お客さんを喜ばす接客方法やリピーターを作るためのちょっとしたコツ等、働き始めると役に立つ情報もかなり多く教えてもらえます。

マニュアルのそのまま貰う事が出来る店舗も多いので仕事前にマニュアルを確認したり、気になる事を調べたり出来るので風俗未経験の女の子から高い人気を得ています。

DVD・マニュアル講習はお店のスタッフさんの前で裸になる必要がないといった女の子には嬉しいメリットもあります。

仕事の流れを体でしっかりと覚えるために用意しているのが実技講習です。

実技講習専門の女性講師を雇っているお店も少なからず存在しますが、ほとんどは店長やボーイさんが担当しています。

お客さんの来店から退店までの流れを何度も教えてもらう事が出来るので完全に仕事をマスターする事が出来るといったメリットがあります。

実技講習に抵抗がある女の子も多いですが、お客さんに失礼がないように気を付けている高級店では実技講習が必須です。

講習なし風俗店の実態とは?

風俗の求人情報を見てみると「入店前のエッチな講習はありません」「講習なしですぐに働ける」と記載されているお店も多く見かけます。

人手不足の風俗業界ではより多くの新人を獲得するために、応募しやすい魅力的な言葉を求人に記載します。

確かに、講習なしで接客を初められるお店もありますが、失礼なプレイ等でお客さんとトラブルを起こしてしまうと罰金や減給されてしまいます。

また、講習なしと記載しているのに働き始める前に講習を受けなければいけないお店も存在します。

嘘を付いているお店を信用する事は難しいですよね。風俗でガッツリとお金を稼ぐためには安心して働けるお店探しが必須です。

女の子が安心して働けるように丁寧な講習を行っているお店を選ぶようにしましょう。

実際の講習の流れと内容

講習の内容はジャンル・コンセプトで異なります。今回は一般的なヘルス店の講習の流れと内容を紹介します。

まず最初に行われるのがサービスの流れと使用する道具の説明です。

基本的なプレイ・サービス内容の流れを口頭・マニュアルで説明していきます。

その際に、プレイ中や追加オプションで使用する事となる道具の説明も同時に行います。

事前にDVDやマニュアルで講習を受けている場合は、省かれる事もあります。

次に行われるのがお客さんへの挨拶の仕方です。新規・リピーター別の対応方法や言葉遣い、部屋までの案内の仕方を教わります。

さらに、部屋に案内した後のシャワーへの誘導方法とお客さんの体の洗い方を覚える事になります。

シャワーは汗や臭いを洗い流すだけではなく、お互いの体を清潔するという目的もあるのでしっかりと覚えましょう。

シャワーで体を綺麗にした後に本格的な実技講習が始まります。

キスとフェラのやり方を講習

フレンチキスだけではなく、ディープキスも行います。積極的に舌を絡ませられているか、口臭に問題はないかといった点をチェックされます。

ほとんどの女の子は問題なく合格する事が出来るので10~30秒程度でキスの講習は終わります。

次に風俗では必須となる「全身リップ」の仕方を習います。

全身リップとはお客さんの体をゆっくりと愛撫する事を指します。

耳から首筋、肩から下半身と上から下に徐々に降りていくように全身リップをしていきます。

ただ単に舐めるのではなく、キスと舌を上手に使い分けてお客さんを興奮させるように意識します。

全身リップを苦手としている女の子や手を抜く女の子も多いですが、他の風俗嬢が苦手なサービスだからこそマスターする事でリピーターを掴む事が出来ます。

慣れるまでは舌が疲れたりしますが、ガッツリ稼ぎたいと考えている人はサボらずしっかりとマスターしましょう。

全身リップの仕方と一緒にローションの作り方・使い方も同時に教わる事が出来ます。

ヘルスだけではなく、他ジャンルでもローションは必需品となっています。

スピーディーにローションを作る方法や満遍なく体に塗る方法、ローションを使った男性の喜ばせ方をマスターしていると他ジャンルのお店に移籍した時に役立てられます。

キスや全身リップの講習をマスターした後に行われるのが手コキ・フェラ・素股といった本格的なサービスの講習です。

難易度の高いテクニックを教えてもらう事は出来ませんが基本的なテクニックを習得する事が可能となっています。

手コキでは、男性器を握る強さの確認に加えて緩急を付けた刺激の仕方や焦らし方等、フィニッシュまで大まかな流れを身につけられます。

ただ単に刺激を与えるのではなく、お客さんが気持ち良いと感じているポイント等を探しながら手コキをする事を意識すると満足度が向上します。

プライベートのエッチでフェラをあまりしないという女の子も意外と少なくありませんが、風俗嬢はフェラをする機会がかなり多くあります。

男性器の先端をチロチロと舐める、咥えて前後するといった単調な動きではお客さんを射精させる事は出来ません。

先程も記載した通り、難易度の高いテクニックを教えてもらう事は出来ませんが万人受けする基本的なテクニックなら教えてもらえます。

手コキや素股ではなく、フェラが好きなお客さんも多くいるのでフェラの基礎を疎かにする事がないようにしましょう。

講習が終わった後や実際に働き始めてからもフェラの練習や研究をする事をオススメします。フェラは他の風俗嬢と差が出やすいポイントでもあるので、テクニックを磨く事が収入アップに繋がります。

実技講習の終盤に教わるのが素股

プライベートのエッチでは使う事のないテクニックですが、本番行為が禁止の風俗店では必須のテクニックです。

素股とは。男性器を挿入しないようにしながら射精をさせる方法です。

風俗店の講習では、オーソドックスなスタイルとなる正常位・騎乗位・バックの素股を習います。

素股の途中に男性器を女の子に挿入させようとする悪いお客さんも極稀に来店するので素股の仕方はしっかりとマスターしましょう。

手コキやフェラと違って経験のある女の子が少ない事や誤って挿入してしまう事がないように素股の講習に多くの時間を割いているお店が多くなっています。

実際に接客をしてお客さんに手コキ・フェラ・素股をしている時に本番行為を誘われる事も珍しくありません。

本番行為をしてしまうとお店をクビになるだけではなく、お店に大きな迷惑がかかります。

本番行為を誘われた、強要された時の断り方も同時に習う事が出来ます。

本番行為は絶対にしてはいけないという事を忘れないようにしましょう。

最後にお客さんが射精した後の男性器の拭き方・アフタートークのコツ・お客さんのお見送り方法を教えてもらって講習は終了です。

実技講習は約1時間~1時間30分程かかります。

まとめ

お店のスタッフさんに裸を見られるのが恥ずかしい等の理由から講習に抵抗を感じている女の子が多くいます。

しかし、講習にはお客さんに失礼のないプレイが覚えられるだけではなく、リピーターを獲得するコツや仕事への不安を解消出来るといったメリットが得られます。

風俗業界でしっかりとお金を稼ぐために必要な知識・技術を丁寧に教えてもらえるので、風俗業界で働いた経験がないという女の子は講習のあるお店を選んでみてはいかがでしょうか。